TOP > SECTION > 計測部

計測部SECTION

人類の叡智「量地・天測」の技術が大地を測定します。

「住宅を建てる」
「大地を造成する」
「道路を造る」
「橋を架ける」
「樹木を植える」
すべての建設事業の第一歩は、土地の現状を知ることから始まります。
上空から航空機で写真撮影して地形を探索し、精密機器で計測し、より正確な地肌を図面化することにより、その成果に基づいて計画の第一歩はスタートします。
一見、地味で現代の風水師のような作業が測量の持ち味です。
事業が完成したときの歓びは、設計者に勝るとも劣りません。
  計測部
「測量」という言葉は中国の「測天量地」という言葉から由来しています。
これは、測量技術の原点は天文観測と土地丈量であることを示しています。

業務内容

◎公共測量
  • 基準点測量(GNSS)
  • 水準測量
  • 空中写真測量
  • 地形測量
  • 河川測量
  • 用地測量
  • 道路台帳測量
  • 管理境界標杭測量
  • 地籍調査
  • GNSS(GPS)測量
  • GISシステム
◎一般地上測量
  • 権利調査
  • 地下埋設物調査
  • 真北測量
  • 基準点測量(GNSS)
  • 水準測量
  • 地形測量

    現況高低測量

  • 構造物・空中越境調査測量
  • 敷地確定測量

    土地境界確定測量
    土地境界復元測量
    道・水路払下げ申請

  • 登記申請業務

    地積更正・合筆・分筆

  • 帰属申請業務

    土地に関する処理

  • 航空写真測量

    空中写真撮影

 
業務内容のイメージ
 
業務内容のイメージ
◎登記業務
◎一般地上測量
   

◎弊社他部門に関係する測量

建築設計部 真北・敷地形状・現況高低
日影による隣接建物の状況(立面図)
都市計画部 設計業務に必要な測量業務一式
・開発設計室 権利調査・地下埋設物調査・境界検証(保全)
境界復元・構造物越境調査測量
現況高低・計画区割計算及び求積
計画に伴う仮杭設地、境界標埋設
出来形に伴う土地登記業務・帰属業務
・土木設計室 地形測量(境界・現況高低)・縦横断測量
地下埋設物調査
・環境デザイン室 地形測量(境界・現況高低・等高線)
縦横断測量・既存樹木位置測定
都市整備部 基準点測量(GNSS測量)
調査測量・確定測量・工事用測量
出来形確定測量・台帳作成
換地処分に伴う地積測量図作成他
不動産事業部 売買に伴う敷地確定業務
道路境界確定・民民境界確定
構造物越境に伴う覚書
地積確定・分筆ほか登記業務
 
業務内容のイメージ
 
  業務内容のイメージ   業務内容のイメージ  
 
kibakouen3.jpg
 
業務内容のイメージ   業務内容のイメージ   業務内容のイメージ
※測量調査業務はすべての計画に伴う、必要不可欠な業務です。弊社では各部門の業務内容に応じ、最初から最後まで携わる事で、計画を円滑に進める事ができます。

こんなときにご利用ください

測量調査部門では、伊能忠敬の意思を継いでハヤブサのごとく正確で素早い計測を行います。
各種測量に関するご相談を承ります。

土地境界確定測量

土地境界確定測量  
  • 土地を有効活用するため、正確な面積が欲しい。
  • 隣との境界がどこなのかわからない。
  • 道路との境界がはっきりしない。

道・水路払下げ申請

道・水路払下げ申請  
  • 形はないが、公図上で敷地内に水路(道路)が入り込んでいる。

土地境界復元測量

土地境界復元測量  
  • 古い測量図はあるが、現地に石杭がない。
  • 畑の境界にしていた植木が枯れてしまった。
  • 工事や災害で境界石がなくなってしまった。

現況高低測量

現況高低測量  
  • 建築プランを立てたいが測量図がない。
  • 土地の有効活用を検討したい。
  • 戸建団地・霊園等、大型開発地の形状を知りたい。

分筆・合筆・地積更正

分筆・合筆・地積更正  
  • 土地を売却したい。
  • 親族で土地を分割したい。
  • 登記上と実際の面積が異なっている。

空中写真撮影

空中写真撮影  
  • 所有地や家の空からの写真が欲しい。

業務説明

基準点測量

1   作業準備   ・既設基準点成果等取得
         
2   現地踏査   ・既知点の現況調査
         
3  

選点

 

  ・新点位置の選定

4   観測  

・GNSS(スタティック測量・VRS-GNSS測量・RTK-GNSS測量)

・GPS・TS(トータルステーション)による観測

         
5   計算   ・電算による一括処理
         
6   整理   ・点検
         
7   図面   ・基準点網図の作成
 
※2級基準点測量:観測風景
※2級基準点測量:観測風景
 
基準点測量   基準点測量   基準点測量
※GNSS観測 : スタティック測位(地上点)
 
スタティック測位(屋上点)
※GNSS観測 : スタティック測位(地上点) スタティック測位(屋上点)
 
※2級基準点測量:観測風景
※2級基準点測量:観測風景
※GNSS観測 : RTK(リアルタイムキネマティック)測位(地上点)
 
※GNSS観測 : RTK(リアルタイムキネマティック)測位(屋上点)
※GNSS観測 : RTK(リアルタイムキネマティック)測位(地上点)(屋上点)
 
スタティック測位(屋上点)
スタティック測位(屋上点)

現況高低(地形)測量

イメージ画像
 
イメージ画像
 
イメージ画像

トランシットによる現況高低測量:風景(間接水準測量:標高も同時観測)

1   調査   ・現地状況難易度調査
         
2   計画   ・作業工程計画
・近隣あいさつ
         
3   現地測量   ・トータルステーション(TS測量)あらゆる地形、地物を3次元観測し座標化
         
4   整理   ・現地の数値データを、電算により一括処理・CADデータ等編集
H22年度 現況平面測量
H22年度 現況平面測量
A=1.1ha 高低差38m
H23年度 現況平面測量
H23年度 現況平面測量
A=1.5ha 高低差10m (樹木位置観測:環境デザイン室にて樹木伐採不可にて散策路検討)
5   現地点検測量   ・作成した図面を現地にて点検、照査
         
6   原図出力   ・インクジェツトプロッタ-等により図面印刷

確定(用地)測量

1   資料調査   ・公図による位置・形状の確認
・登記簿等による所有権等の確認
         
2   現地調査   ・公共用地(道路水路)確定状況確認
         
3   境界確認   ・立会依頼
・立会確認(双方現地にて立会の上確認協議)
・境界石埋設
・立会確認書取交わし
         
4   境界点測量   ・基準点測量
・境界点測量
         
5   現地点検測量   ・電算一括処理
         
6   図面作成   ・電算CAD(面積図/現況重ね図/境界確定図)
 
※用地測量:境界標(都石標・市石標・民石標・民金属標ほか)
※用地測量:境界標
(都石標・市石標・民石標・民金属標ほか)

現況平面図一覧(図面集)

H22年度 現況平面測量(区域)
H22年度 現況平面測量(区域)
※真北測量(太陽観測)
ト-タルステ-ションにて
フィルタ-を付け観測
H22年度 地形測量
H22年度・地形測量
A=1.2ha
H22年度 現況平面測量(区域)
左記範囲内の筆界復元
※公図重ね図

測量グル-プ会社:株式会社セット技研

【マメ知識】:測量の日ってあるんだよ!
※1949年(昭和24年)6月3日に測量法が制定されました。測量の日は測量の意義及び重要性に対する国民の理解と関心を高める目的で、平成元年6月3日に制定されました。
その日は測量法が制定され満40年にあたり、記念して前・建設省(国土交通省)が定めたんだ。
測量法制定より→現在平成30年=69年目

 

測量グル-プ会社:株式会社セット技研